秋のお祭りシーズンの注意点

航空チケットやホテルを早めに予約すること

1年の収穫を祝うお祭りは、全国的に秋に行われています。中でも、沖縄は日本の南に位置しているという地理的な条件も重なって、秋祭りの時期が他の地域に比べて遅いという特徴があります。そのため、沖縄の各地では10月から11月にかけて秋祭りが行われているのです。沖縄の秋祭りのシーズンは気候が良いため、観光シーズンと重なっています。よって、秋のお祭りシーズンに沖縄を訪れる場合には航空チケットとホテルをできるだけ早く押さえておく必要があるのです。

那覇の大綱挽まつりは沖縄最大規模のお祭りで、地元の人だけでなく全国各地から観光客が訪れるため、毎年30万人規模の大きなお祭りとなります。この大綱挽祭りは那覇の中心部で行われるため、お祭りシーズンは那覇市内の宿泊施設が予約で満室になります。全国的に有名なお祭りということもあって、1年前から宿泊施設を予約する必要があるのです。

また、沖縄の離島でも様々な秋祭りが催されます。例えば、沖縄の宮古島ではクイチャーフェスティバルが開催され、竹富島では種子取祭が行われます。離島となるとさらにホテルと航空券の予約が困難になるため、秋祭りに参加したいのであれば、遅くとも半年前から予約をしておきたいところですね。

祭り当日や直前では、レンタカーの手配が難しくなる

秋祭りは沖縄の各地で開催されることから、アクセスするためにはレンタカーが不可欠です。そのために、秋祭りの数日前から観光客向けにレンタカーが重点的に集められ、それらは予約をしている旅行客などに貸し出されます。レンタカーは秋祭りに合わせて利用できる数を増やす努力はしているものの、数に限りがあるため、はっきり言って当日では手配はほぼ不可能と言える状況です。特に、沖縄本島の南部にある八重瀬町で開催されるエイサーは、8月に開催されますが、レンタカーがなければアクセスしにくいところにあります。そのため、秋祭りシーズンに沖縄を訪れる場合には、レンタカーの予約も忘れないようにしたいところです。

沖縄本島は言うまでもありませんが、離島となるとレンタカーの手配がさらに困難になります。秋祭りに合わせて観光客向けに離島にレンタカー沖縄全土から集められるとは言うものの、台数には限度があるので、秋祭り直前や当日はすでに予約で一杯になってしまっていて借りることができない状況になっています。そのため、県外からお祭りシーズンに沖縄の各地の離島へ行く場合には、ホテルと航空券の予約と一緒にレンタカーの手配をしておく必要があるのです。

西表島のツアーは、ここでしか会う事の出来ない野生生物を観察する事が出来ます。温暖な場所で、原始の自然を堪能したい方にオススメです。

© Copyright Paradise Of Everlasting Summer. All Rights Reserved.